MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

第5回 日本史最大の謎の1つ本能寺の変の真実

NHK大河ドラマ「真田丸」第5回放送では、織田信長が家臣の明智光秀の謀反により、京都の本能寺で最期を迎えました。光秀はなぜ、天下統一を目前にした信長に背いたのでしょうか。

光秀にも天下を取りたいという野望があったとする説や、信長とのいさかいから遺恨を持ったという説が、歴史学者の間で主流となっていますが、ほかに徳川家康や羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)との共謀、天皇の地位を守るためなどさまざまな説が流れています。

中には光秀が生き残り、南光坊天海として家康の側近として仕えたという話も語られています。本能寺の変の真相は、日本史に残る最大の謎の1つなのです。

天下統一間近で起きた光秀の謀反

本能寺の変直前、信長は近畿から東海、北陸という広い地域を支配していました。最後の室町将軍・足利義昭を都から追放し、東側の大敵だった甲斐(今の山梨県)の武田勝頼も滅ぼしました。

越後(新潟県)の上杉景勝、中国の毛利輝元、四国の長宗我部元親らが敵対していましたが、上杉には柴田勝家、毛利には羽柴秀吉、長宗我部には丹羽長秀を配し、制圧を目指していました。武田の旧領には滝川一益を置き、関東の北条氏政、氏直父子に目を光らせています。

家康との同盟関係にも揺るぎは見えません。もはや信長に正面から対抗できる勢力を持つ戦国大名はなく、天下統一は時間の問題と考えられていたのです。ただ、有力武将のほとんどが最前線で敵と向かい合う中、光秀の手勢だけが京都の周辺で遊軍となっていました。

そんな中で起きた光秀の謀反です。油断をつかれた信長は本能寺で横死し、嫡男の信忠もこの世を去りました。信長の天下布武の夢は統一直前で崩れ去り、再び明日が見えない乱世の時代に引き戻されます。

最も一般的なのは怨恨説

映画や小説で最も一般的なのが怨恨説です。信長の庇護を受けていたキリスト教宣教師のルイス・フロイスは、自著「日本史」の中で「変の数カ月前から信長と光秀の間でいさかいがあり、信長が光秀に暴力をふるった」と記述しています。しかし、外国人のフロイスがどうやってこの情報を手にしたのでしょうか。

丹波(京都府中部、兵庫県中部)波多野家の八上城攻めの際、光秀が実母を人質に出し、和議を持ちかけたのに、信長が波多野一族を殺害したため、光秀の実母が磔にされたとされる逸話があります。光秀が信長に殺意を抱くきっかけとされていますが、これは後世の創作だと考えられています。

江戸中期に書かれた「明智軍記」には、光秀が丹波、近江(滋賀県)の領地を取り上げられ、出雲(島根県東部)、石見(島根県西部)を切り取り次第、与えるという信長の命令に反発したとありますが、これも信ぴょう性は低いようです。

光秀は信長だけでなく、嫡男の信忠、京都所司代の村井貞勝も葬っています。主君と後継者、朝廷と交渉する立場の所司代を排除し、京都と畿内をその手に収めようとしたわけです。怨恨だけでここまで周到な準備をするとは思いにくいものです。

最も有力なのは野望説

そこで登場するのが野望説。これも古くから怨恨説と並び、有力と考えられてきました。フロイスは「日本史」の中で光秀が天下取りの野望を持っていたことに触れています。ただ、フロイスがどこまで正確な情報をつかんでいたのかは、定かではありません。

光秀は信長に見出され、織田家の重臣に出世しましたが、それまで流転の人生を送っていました。出身地は美濃(岐阜県南部)です。美濃の大名斎藤家で父の道三と嫡男の龍興が争った際、道三方について敗れ、国を追われます。

その後、各地を転々としたあと、越前(福井県東部)の朝倉義景に仕えました。朝倉氏を頼ってきた後の将軍足利義昭の使者となり、信長と交渉したことから、義昭に仕えるようになるのです。腰が重く、上洛軍を起こさない朝倉氏を見限り、義昭に乗り換えたわけです。

義昭と信長が蜜月の間は、義昭の配下として織田軍に加わり、多数の戦に出陣しました。しかし、義昭と信長が決裂すると、信長に従い、出世街道をひた走ります。有望な主君を見つけると、くら替えしてきた人物ですから、本能寺の変当時の情勢がクーデターの絶好の機会と映ったのかもしれません。

荒唐無稽な新説も続々

近年は奇をてらったいろいろな説が、発表されています。それらの説の中で光秀に謀反をそそのかしたとされるのは、秀吉、家康、足利義昭、朝廷、堺の商人らさまざま。光秀が武田勝頼と組み、以前から謀反の機をうかがっていたとする説や、フロイスら外国勢力と結びついていたと見る説さえ登場しています。さらに、天王山の戦いで秀吉に敗れたあと、家康のもとへ落ち延びて僧天海となり、幕府の発展に尽くしたという話も出ています。

どれもストーリーとしては面白いのですが、事実としての決め手を欠いたものばかり。いまだに決着がつかない本能寺の変の真相。真実が解明される日は来るのでしょうか。



スポンサードリンク