MENU

第3回「策略」あらすじ

信繁の淡い恋。昌幸は信幸に密書を託す。

昌幸一家は、真田の郷・小県に帰ってきた。昨日の敵だった織田につくという昌幸の案に、昌幸の弟・信尹や、叔父・矢沢頼綱が賛同する。信繁は、上杉・北条両者との内通の橋渡し役を務めてきた信が、そのどちらにもつかないと判断した昌幸の背中を押したと聞き、信ヘの尊敬の念をことさら強めるのだった。

信繁「叔父上は、私の鑑とするお方です。私も、兄信幸にとって、そんな弟でありたいと思います」

昌幸は、織田の信用を得るためには、近隣の国衆総出で織田に会いに行くことが必須と考えるが、国衆・室賀正武、出浦昌相との会議で室賀からの反対にあい、断念することに。

旧武田軍拠点・高速城では、家康が織田信忠から命ぜられ、信長を迎える準備を整えていた。

壁には生々しい戦の傷跡が残っていたが、神経質な信長のため渋々ながら掃除を指示する家康。

そこに家臣の本多忠勝が現れる。家康は、無念の最期を遂げた亡き武田勝頼を手厚く葬ってやろうと提案。家康に武士の情けを感じた忠勝は感動するが、家康の本意は、そのことを旧武田家臣に知らしめ、徳川に人心を集めることにあった。

折しも小山田家の生き残り・茂誠が家康と出くわすが、家康の「戦はもう終わった」の一言で、茂誠は放免される。

真田家臣・堀田作兵衛の妹、梅に慕情を寄せる信繁は、新府で商人から買った櫛を渡せずもじもじしていた。

そこに現れたのは、信繁の幼なじみで、高梨内記の娘、きり。

人知れず信繁を慕うきりは、既に信繁の気持ちには気づいており、おせっかいにも応援するが、信繁がきりに渡した櫛と梅宛の櫛の違
いにせつなさを感じる。

作兵衛から、真田領の山が薪を奪いに来る室賀の百姓に荒らされていると聞いた信繁は、作兵衛、お梅、きりらとともに百姓と応
戦。何とか打ち負かし薪を奪い返すが、その帰途、逃げ疲れた義兄・小山田茂誠と遭遇する。

昌幸は、信幸に上杉景勝への密書を託す。内容は、景勝からの誘いに応える内容だと言う。

信幸「真田は、織田につくのではないのですか!」
昌幸「決めたわけではない!」

昌幸の二枚舌に驚きながらも、信幸は重責を果たすべく、病床の妻、こうを置いて、忍びの佐助と共に出発する。

だがこの動きは室賀・出浦に筒抜けで、道中、密書とともに佐助の命も奪われてしまう。

密書を読んだ室賀は、これを信長に見せることで真田を出し抜き、自分のことを信用させよう、と企む。

昌幸の真意を知り驚く信幸。松は茂誠とようやく再会する

だが、室賀をこのように仕向けることこそが、昌幸の狙った罠だった。


昌幸「あれを読んで、信長はどう思う。この真田という男、方々から声を掛けられている。旨味のある人物に違いない、わしも味わってみたいものじゃ。信長ならそう考える」

そもそも上杉からの誘いなどなく、かつて敵だった信長との対面に備え自らの信用を上げるため、出浦・佐助ともども一芝居打つよう仕組んだのだ。

佐助の死も芝居だった。芝居ができぬ男だからと、何も知らされていなかった信幸は動揺を隠せない。

一方、松は離れ離れになっていた夫・茂誠とようやく再会。茂誠は、小山田信茂が主君を裏切ることになるとは知らなかった、と悔やむ。だが、そんな言い訳は昌幸には通用しないので、茂誠は身を潜めるべきだと信繁が提案。

そのことを信幸にも相談するが、信幸の頭は先刻の動揺でいっぱいでそれどころではなく、茂誠に切腹しろと言い捨てる。

翌日、昌幸に信長からの召喚状が届く。昌幸は、死を覚悟する思いから、信幸に真田家の行く末を託し、信繁を伴い織田に出向くのであった。

真田丸の裏側を知る!管理人コラム

「第3回 真田信尹 本家を影から支え続けた功労者」

スポンサードリンク