MENU

第1回「船出」あらすじ

見どころ

部隊は、群雄割拠する戦国の信濃。冒頭で、青年時代の真田信繁から一気に33年後の勇姿に飛び、本作のクライマックスを”先出し”する演出ぶり。また、信繁の父、昌幸はこの第一話から早々に、君主や家族にまで二枚舌を使い分ける策士ぶりを見せることになります。

織田に攻め込まれる武田領 昌幸は生き残るための策を考える

時は天正10年(1582)2月。武田家臣の真田源次郎信繁は、織田信長軍勢との戦いのなか、山中で徳川家康勢の物見と遭遇し、慌てて退散します。

その33年後、この信繁が大坂夏の陣で家康勢を自害寸前まで追い込み、”日の本(もと)一の兵(つわもの)”と讃えられることになりますが、この時点では、誰もそうは思わなかったでしょう。

真田が従っている武田家の主、武田勝頼は、前線の諏訪上原城で指揮をとっていました。

戦況は北に上杉、東に北条、西に織田、南に徳川ととても厳しく、その上、木曽義昌ら家臣が次々と織田に寝返る事態。

この機に織田郡は前進し、御一門衆筆頭の穴山梅雪は勝頼に「本拠・新府(しんぷ)城に戻り味方の立て直しを」と進言します。

勝頼に助言を求められた信繁の父・真田安房守(あわのかみ)昌幸は、「西の守りの要だった木曽が寝返ったということは、ご領地の西側が丸裸にうなったも同然」と撤退に賛成します。

昌幸は裏切った木曽は後に自らが必ず討つと宣言し、同時に一足先に新府城に戻るよう長男・源三郎信幸に命じます。

昌幸「西も大事だが、南が心配じゃ。そろそろ徳川が駿河口に兵を進めてくる頃だ」

昌幸以下・真田一家は、武田への裏切りを防ぐため、昌幸の妻・薫、母・とりを含め人質として新府城下の真田屋敷で暮らしていました。

また、長女の松は、武田家臣の小山田茂誠に嫁いでいました。

先刻の追手から命からがら帰ってきた信繁は、兄・信幸に、徳川の物見の件を報告しますが、勝手で危険なまねをするなととがめる信幸に、信繁は答えます。

信繁「皆、西の織田勢ばかり気にしているので、南のことが心配になったのです」

信幸は、信繁が父と同じ考えを持っていたことを知り驚き、そこへ昌幸が帰り、松と夫・茂誠も交えて家族会議となります。

木曽家の人質たちが処刑されたことでおびえる昌幸の妻・薫に、昌幸は新府城の頑強さを語り、ここは安全な場所だと力説します。

だが昌幸は、信幸・信繁にだけは反対のことを伝える。

昌幸「武田は滅びる。わしはこの城を捨てることにした」

昌幸の変わり身の早さに、兄弟はあぜんとなります。

岩櫃(いわびつ)城か、岩殿城か、二家臣の選択を迫られる勝頼

2月14日、48年ぶりに浅間山が噴火。同月25日、駿河に戻った梅雪は突如、織田軍に寝返ります。

その手引きで、徳川方も武田領内に乱入し、絶体絶命の勝頼に、昌幸は新府城を捨て真田領である上野吾妻群の岩櫃城に招きます。

岩櫃の守りは鉄壁だという昌幸に、勝頼も一度は同意しますが、昌幸が去った後、長年の家臣・小山田信茂らに、昌幸の罠かもしれぬと諭され、勝頼は信茂の城・岩殿城に行くことに。迷ったあげく、勝頼は信幸にその旨を告げます。

勝頼「お前たちはわしに従うことはない。岩櫃へ向かえ。今宵限りで、武田の人質を免ずる」

さらに勝頼は、小山田一門に人質として嫁いだ信幸の姉・松もつれて去れと忠告する。信幸と信繁は、勝頼の心遣いに感謝しつつ、先に岩櫃へ発った昌幸を追い、家族で旅立つことになります。

松は、岩櫃城へ発つ夫・茂誠と別れ、真田家とともに岩櫃へ向かいます。

道すがら、一行は織田軍の乗っ取りを防ぐため新府城が焼かれているのを見ます。

城まで三日間、夜盗もはびこる危険な山道を、一家を乗せた、いわば一艘(そう)の船”真田丸”は帆を上げて進んでいくのでした。

一方、岩殿城に向かう勝頼の軍は、後方より徐々に離反。折しも、信長の嫡子・信忠が諏訪を制したとの報も入ります。

そして勝頼を城に呼んだ信茂も、勝頼の入城前に木戸を閉め、離反することに・・・。

不本意ながら、涙で信茂の命に従う茂誠。

勝頼は、家臣たちの思いを悟ったように、静かにその場を去って行きました。


■用語解説

・源次郎
源次郎は、字(あざな)といい、普段使われていた通称。信繁は諱(いみな)といい本名にあたります。当時は相手を本名でよぶことは無礼だと考えられ、日常生活では通称の字で呼びあっていました。幼名の弁丸から、元服して源次郎に通称を改めました。

・大坂夏の陣
慶長20年(1615)、徳川方が豊臣家を滅ぼした戦い。冬の陣後の和睦で大坂城の堀が埋められたため、豊臣方は城外戦に出て、信繁はこの戦いで、家康の本陣に突撃して家康の首を狙うが、力尽きて打ち取られます。

・新府城
山梨県の韮崎(にらさき)にある平山城。甲州街道などが走り、釜無川(かまなしがわ)の水運も利用できる交通の要所にあり、織田郡の侵攻に備えるために武田勝頼が、真田昌幸に普請を命じたとされる城です。規模は、躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)と同程度で丸馬出しと呼ばれる小さな出域も備えていました。勝頼は躑躅ヶ崎館から新府城へ移住しています。

・源三郎
昌幸の長男・信幸の幼名。父・昌幸の元服後の通称は、三男であるが源五郎。その「源」の1字をとって名をつけたと想像されます。「三」の字は、三男という意味ではありません。

・人質
家臣や服従を誓った武士に対して、主君が謀反を防ぎ、裏切りをさせないために担保として肉親を人質として差し出させました。昌幸も7歳になると甲斐の武田信玄に人質として送られ、昌幸が家督を継ぐと、その家族や、信幸、信繁を人質として主君に送りました。

・上野吾妻群・岩櫃城
群馬県の吾妻町にあった山城。西は岩櫃山、南は吾妻川へと下る急斜面で、北は岩山で天然の要害となっていました。永禄8年(1565)に落城し、真田氏が岩櫃城主となり、真田氏が沼田城を攻略すると、その支城として扱われました。

・岩殿城
山梨県大月市にあった標高634メートルの岩殿山に築かれた山城。城の全方面が急峻で、東国の城郭の中でも屈指の堅固さを持っていました。武田氏に仕えた小山田氏の支配を受けていました。

スポンサードリンク