大河ドラマ 真田丸を解説 真田幸村の生涯

MENU

2016年度・NHK大河ドラマ「真田丸」の見どころ&楽しみ方を解説

2016年1月スタートのNHKの大河ドラマ「真田丸」。信濃の一領主に過ぎなかった真田家の次男・真田源次郎信繁が、戦国時代の名将・真田幸村となって活躍していく姿を描きます。

タイトルにもなっている「真田丸」とは、大阪の陣で信繁が作り上げた戦国時代最強の砦のこと。徳川家康にも恐れられたという信繁が、いかに最強の砦を作り上げたのかも見どころです。

また大河ドラマ「真田丸」では真田家の家族愛もテーマに。NHKオンラインでは“戦国中流家族「真田」の、愛とサバイバルの物語”と表されています。兄と敵対する立場になってしまう信繁が、どのように対峙するのかも注目です。

真田丸ガイド:新着情報

豪華なキャストに期待

主人公・真田源次郎信繁(通称:幸村)を演じるのは、堺雅人さん。演技派俳優として、数々のドラマ・映画に出演。ドラマ「半沢直樹」の熱演で大ブレークし、今では大企業のCMにも多数出演しています。
大河ドラマには2004年に「新選組!」の副長・山南敬助役で、2008年には「篤姫」に徳川家定役で参加。どちらの役でも、視聴者に強い印象を残しました。今回は、大河ドラマの主演を務める堺さん。NHKオンラインの記事によると“なによりも、三谷幸喜さんの脚本をたのしみにしています”とのこと。三谷さんが描く信繁を堺さんがどう演じるのか、期待が膨らみます。

大河ドラマといえば、豪華キャストの競演も見どころ。信繁の兄(真田信幸)に大泉洋さん、父(真田昌幸)に草刈正雄さん、母(薫)に高畑淳子さん、姉(松)に木村佳乃さんを配役。信繁の生涯のパートナーとなる女性(きり)は長澤まさみさんが、信繁の初恋の女性(梅)は黒木華さんが演じます。また、徳川家康役に内野聖陽さん、豊臣秀吉役に小日向文世さんと、キーパーソン陣にも演技派俳優がずらり。どのような名シーンが生まれるか楽しみです。

脚本は三谷幸喜さんが担当

2004年の大河ドラマ「新選組!」で、従来とはひと味違う大河ドラマを作り上げた三谷幸喜さんが、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけます。
“真田信繁も新選組も、歴史を築いた人物ではありません。言ってみれば歴史に取り残された「敗者」です。だからこそ僕は彼らに惹かれ、彼らのドラマを書いてみたいと思いました。”と、三谷さん(NHKオンラインより抜粋)。
三谷作品と言えば、「古畑任三郎」シリーズ、映画「ザ・マジックアワー」、「ステキな金縛り」など、コミカルな要素を散りばめた作風が人気ですが、今作ではどんな“三谷カラー”を出してくれるのか、こちらも期待大!

「真田丸」の舞台を巡り、ドラマをより楽しむ!

大河ドラマの楽しみは、ドラマ鑑賞だけにあらず。歴史の舞台を訪ねて、自分の足で歩いたり、史跡を見たりすることで、よりドラマの世界観を楽しむことができます。真田信繁が暮らした地や、戦った地を巡ることで、「真田丸」の魅力をより深く感じることができることでしょう。
当サイトでは、「『真田丸』の世界観をもっと楽しみたい」「真田信繁(幸村)について知りたい」という方に向けて、大河ドラマの情報や、真田家ゆかりの地の案内、観光情報、などを発信します。大河ドラマ「真田丸」の予習に、またドラマをより楽しむために、ぜひご活用ください。

全10回で解説!真田幸村(信繁)の生涯

「真田丸」の主人公である真田幸村はどんな生涯を送ったのでしょうか?大河ドラマをより楽しむためにも幸村の人生を分かりやすく解説します。

1.伝説になった幸村の名、その舞台の真田丸を行く
2.謎だらけの幼少期、心のルーツは甲斐?
3.武田家滅亡、激動の波に翻弄される少年幸村
4.昌幸の知略で大軍を破る 第1次上田合戦
5.人質生活から青年武将へ、北条攻めで初陣飾る
6.光る昌幸の知略、上田城で徳川の主力を足止め
7.紀伊九度山で蟄居、苦難の日々が続く
8.幸村が大阪入城、真田丸で決戦へ
9.幸村の知略冴え、真田丸で東軍を圧倒
10.真田日本一の兵、家康本陣を崩す幸村最後の戦い

車下取りcom